[教育訓練給付制度が新しくなりました]社会人2年目以上のみなさん、キャリアアップのチャンスです!

2014101より「教育訓練給付制度」が拡充!
受講費用の負担が大幅軽減! キャリアアップがもっと身近に!

働く人の能力開発、キャリアアップを支援するために、一定の要件を満たした方に対して受講費用の一部を給付する「教育訓練給付制度」。
制度拡充により、これまでの「一般教育訓練」に加えて新たに「専門実践教育訓練」が追加され、厚生労働大臣指定の教育訓練講座を自己負担で受講し修了すると、教育訓練経費(入学金や授業料など)の40%(年間上限32万円/最大3年間)の給付を受けることができます。
さらに、受講修了から1年以内に資格取得等をして雇用保険の一般被保険者として雇用されると、教育訓練経費の20%が追加支給!つまり、教育訓練経費の60%(年間上限48万円/最大3年間)、最大144万円もの給付を受けることができるのです!
資格取得やキャリアアップを目指す社会人の皆さま、この機会にぜひご利用ください。

受講料(教育訓練経費)の40% 最大96万円(年間上限32万円 最大3年間)が支給される!

さらに!資格取得&就職で受講料(教育訓練経費)の20%が追加支給!

つまり!受講料(教育訓練経費)の60% 最大144万円(年間上限48万円 最大3年間)が支給される!!

教育訓練経費とは、申請者本人が教育訓練実施者に対して支払った入学料と受講料の合計を指し、検定試験の受験料、受講にあたって必ずしも必要とされない補助教材費、教育訓練の補講費、教育訓練施設が実施する各種行事参加のための費用、学債など将来受講者に対して現金還付が予定されている費用、受講のための交通費、パソコンなどの器材の費用、クレジット会社に対する手数料、支給申請時点での未納の額などについては含まれません。

※1:雇用保険の被保険者期間が通算2年以上ある方(2014年10月1日以降に初めて教育訓練給付制度を利用する場合。
2014年10月1日以前に教育訓練給付制度を利用したことがある方は、前回の受講開始日から通算して
2年以上の雇用保険の被保険者期間が必要です)

例えば、講座A(通学・3年制)を受講修了後、資格取得・就職した場合 [通常の受講料300万円(3年間合計)]- [(専門実践教育訓練給付金96万円(3年間))+(追加支給48万円)=(支給金額合計144万円)]=[実際の費用負担156万円](費用の負担が約半分に!)